マイファーストフォンを安く!20%↑割引クーポンや一括1円の裏技 格安SIM利用方法

マイファーストフォンを安く!20%↑割引クーポンや一括1円の裏技-格安SIM利用方法_2
少しでも役に立ったならシェア頂けると励みになります♪
あかねママ
「マイファーストフォン」っていう腕時計型の見守り端末があるのね💡
でも本体が2万円以上するんだけど、もっと安く購入できないかしら…
みさき先生
腕時計型の見守り端末「MyFirst Fone」については別ページで特集していますが、最新機種の「myFirst Fone S3」で本体定価は24、800円とそれなりに高いです。

あわせて読みたい
『myFirst Fone S3』の口コミや評判から分かるメリット&デメリット 【こんな保護者に読んでほしい】 腕時計型の見守り端末を探している 保護者がスマホをキャリア以外で契約している(GPS居場所検索や無料通話が使えない) 「既にマイファ...

【現在販売中のマイファーストフォンの機種と定価、発売日】

機種名 定価 発売日
myFirst Fone S3 24,800円 2023年4月発売
myFirst Fone R1s 26,980円 2022年3月発売
myFirst Fone R1 22,800円 2020年11月発売
みさき先生
が、実はマイファーストフォンはクーポンで20%前後の割引が出来たり、レンタルや一括1円での販売もあるので、購入前であれば絶対知っておいて欲しいです。
 
今回はマイファーストフォンを安く使う裏技を5つ解説していきますよ↓
【MyFirst Foneを安く使う裏技5つ】
  1. 公式ストアの15%OFF割引クーポンを使って買う
  2. 格安SIMでnanoSIMを買って差して使う
  3. 中古のマイファーストフォンを狙い格安SIMで使う
  4. 一部の家電量販店(ノジマ)でワイモバイル 1円で購入する
  5. Rentioで14泊15日で3,980円でレンタルできる(お試しや短期利用に◎)

このページに書いてある情報です♪↓

➀ マイファーストフォンは楽天Amazonどこで買うと安い?公式ストアの割引クーポンで15%OFF

マイファーストフォンが販売されているのはmyfirst公式ストアの他、楽天市場やAmazonでも販売ページが存在する

調べた方も多いと思いますが、マイファーストフォンは公式ストア以外にも「楽天市場」や「Amazon」でも販売されています。

2023年時点での公式/楽天市場/Amazonでの「myFirst Fone S3 (最新機種)」の販売価格は以下の通りです↓

【myFirst Fone S3 の販路別の本体定価や割引比較表】

販売先 本体販売価格 ポイント還元等
楽天市場 24,800円
(商品ページ)
SPUの還元率
(1~最大15.5%)
Amazon 24,800円
(商品ページ)
10%還元
(Amazonポイント)
myFirst Japan
公式ストア
24,800円
(公式ストア)
LINE公式アカウント登録で20%前後の割引クーポンが貰える
(時期によって様々なセールを実施)

上記のようにどこの販路でマイファーストフォンを購入しても本体定価は同じですが、Amazonや楽天市場で購入するとポイント還元が付きますね。

一見ポイント狙いで楽天市場やAmazonで買いがちですが、最安購入は「myFirst Japan」の公式ストア購入です。

何故なら公式ストアではLINEクーポンによって15%~25%OFFで購入できるからです↓

myFirst Japan公式だと「LINEクーポン」で15%OFFなどの割引が使える 

マイファーストフォンを最も安く購入するなら、MyFirstJapan公式ストアで割引クーポンを貰って購入するのが最安になります。

MyFirst-Japan公式ストアの商品ページの「購入する前に割引クーポン券をもらいましょう!」からLINEアカウント登録で15%OFFクーポンなどを入手可能

上記のようにmyFirstjapanの公式ストアの商品ページに小さく「購入する前に割引クーポン券を貰いましょう」記載されているので、そこからQRコードをスマホのカメラで読み取ってLINE公式アカウントに登録します↓

myFirstJapan公式LINEアカウント

「myFirstJapan」のLINE公式アカウントでは期間限定で頻繁にセールを行っており、2023年11月時点では「myFirst Fone S3」の本体価格から20%OFF割引のクーポン券を発行していました↓ (公式ストアで購入時にクーポンコードを入力する形式)

MyFirstJapan公式LINEアカウントで発行される割引クーポン券で11月は20%OFFまで値引き可能に

定価24,800円が20%OFFの19,840円で購入できるので約5千円ほど安くなり、ほとんどの場合に最安価格で購入可能です。(楽天市場で最大SPUを達成しているの場合は同じくらい)

時期によってLINE公式アカウントで実施しているセールでのクーポン券の割引率が違うので、粘ってみるのも手です。

追記:2024年3月に「新生活応援キャンペーン」を実施しておりマイファーストフォンが定価の25%OFFのクーポンコードを配布していました↓

マイファーストフォンの新生活応援キャンペーン

【マイファーストフォン公式配布の割引クーポンコード】

【myFirst Fone R2商品割引券】
(単品割引)
10%OFFクーポンコード:
73NCAWZCE9MR
【myFirst Fone S3+/R1s商品割引券】
(フィルムセット割引or単品割引)
25%OFFクーポンコード:
G54YHDY6WVV0
【myFirst Fone R1 商品割引券】
(フィルムセット割引or単品割引)
20%OFFクーポンコード:
X872EN0DTC6N

※割引クーポンの使用期限は4月1日10:00まで
※クーポンコードの併用は不可

マイファーストフォンR2単品 割引後の価格:29,980円=>26,982円
マイファーストフォンS3+単品 割引後の価格:24,800円=>18,600円

クーポン利用時の割引後の各マイファーストフォンの価格は以下まで割引されるので、是非この新学期キャンペーンを活用してみて下さい↓

\ 腕時計型の見守り端末 /

➁ 格安SIMでnanoSIMを契約して差し替えで月額料金をさらに安くする(公式OK)

「MyFirst FONE」は本体価格以外にも毎月の通信量がかかり、標準で開通契約して使う「MyFirst FreeSIM」は無制限で使える月額980円(税込)の料金プランになっています。(最初の3か月は無料/ソフトバンク回線)

「myFirst Fone」専用データSIM「MyFirst FreeSIM」

「MyFirst FreeSIM」は月額980円なので元々結構安いのですが、「MyFirst Fone」はnaonSIMが取り出し&差し替え可能なので、更に月額料金が安い格安SIMでnanoSIMを契約して差し直せば更に安く運用することも可能です。

格安SIMでnanoSIMを契約して差せば格安運用も可能

実はMyFirst Japan公式も格安SIMに差し替えを想定している

実はSIMカードの差し替えについてはMyFirst FONE公式もしっかりと想定しており、以下のように「SIMカードの取り外し」や、自社以外の通信回線の動作情報についてもしっかりと記載されていました↓ (好印象)

Q.「myFirst Fone R1s」/「myFirst Fone S3」を購入したのですが、SIMカードはどこにありますか?
 
A.「myFirst Fone R1s」/「myFirst Fone S3」の中に挿入されています。
他社のSIMカードを契約する場合はトレーからSIMカードを取出して廃棄してください。
※「myFirst Fone R1」はSIMカードが付属していません。

格安SIMに差し替えての運用も、MyFirst公式サポートのページで「myFirst Foneシリーズ商品ご利用いただけるSIMカード」という内容の掲載がありました↓

「myFirst Fone 」シリーズ商品ご利用いただけるSIMカード
 
【ご利用にあたっての注意事項】
SIMカードのデータ通信量は2GBでご利用ください。新アプリでは様々な機能を追加したため、従来アプリでの接続時よりもデータ利用量が増加しております。端末が正常に動作するために、Fone OSでご利用の際はデータ通信量を増やしていただく必要がございます。
100MB~1GBの通信プランは、通信速度や容量問題により、非対応です。
 
対応回線 ドコモ回線およびソフトバンク回線 (タイプDおよびタイプS)
※au回線(タイプA)およびeSIMはご利用いただけません。
 
弊社が指定していないタイプのSIMカードをご利用いただいた場合は、製品の保証が出来かねます事、予めご了承ください。

という事で、格安SIMを使うならドコモ回線orソフトバンク回線&月容量1GB以上のプランであれば利用可能だと公式ページにも記載があります。

myFirst Foneをさらに安く使える格安SIMの最安はどこ?月額290円や12か月無料まで安く!

myFirst Foneで利用可能な条件を満たす格安SIMと料金プランを表にまとめて比較していました↓

【マイファーストフォン対応の格安SIMの料金比較】

SIMカード会社 回線
APN名称
料金プラン
myFirst Free SIM ソフトバンク回線
private2000.pccwglobal.hktdcp
月額980円
(無制限)
HISモバイル ドコモ回線 月額550円(1GB)
※月100MB以下の利用なら月額290円に割引
LINEMO ソフトバンク回線
plus.acs.jp
月額990円(3GB)
※3か月間無料キャンペーン中
BiC SIM ドコモ回線
iijmio.jp
月額550円(2.4GB)
IIJmio ドコモ回線
iijmio.jp
月額550円(2.4GB)
Y!mobile ソフトバンク回線
plus.acs.jp
/plus.acs.jp.v6
シンプル2S
月額2,365円(4GB)
※ノジマで一括1円端末をセット購入可
BIGLOBEモバイル ドコモ回線
biglobe.jp
月額1,078円(1GB)
y.uモバイル ドコモ回線
yumobile.jp
月額,1070円(5GB)
TONEモバイル ドコモ回線
dream.jp
月額1,100円(中速無制限)
NUROモバイル ソフトバンク回線
so-net.jp
月額627円(3GB)
イオンモバイル ドコモ回線
i-aeonmobile.com
月額858円(1GB)

上記には記載されていませんが、最安は「HISモバイル」の月1GB月額550円のプランで、月100MB未満の利用なら月額290円まで下がるのでお勧めです↓ 🎵

\ 3GBで月額290円と最安級🎵 /


また現在であればLINEMO(ソフトバンクの格安ブランド)も月3GBミニプランが3か月間実質無料で使える=タダなので最安となっているので通信速度も加味すると最もお勧めできます↓

\ ~5/31期間限定過去最高特典中🔥 /
今LINEMOへ乗りかえでミニプラン最大5,940PayPay
&スマホプラン最大15,000PayPay貰えます♪

とは言え「MyFirst FreeSIM」は最初の3か月は無料なので、4か月目以降に格安SIMでより安いnanoSIMを契約して本体に差してAPN設定をすることで差し替えができます。

格安SIM差し替えが完了した段階で、月額990円「MyFirst FreeSIM」は以下ページから「お客様ダッシュボード(マイページ)」に登録メールアドレスでログインし、解約手続きができます。(違約金や最低利用期間等の縛りも特になし&解約後はSIMカードは返却不要)

参考:「myFirst Fone」専用データSIM「MyFirst FreeSIM」

ちなみに「myFirst Fone」での通話は電話番号を介さない「データ通信」で行っているので、格安SIMは料金が安価な「データ通信専用SIM」でも大丈夫です。(もちろん音声通話SIMやSMS付SIMでも問題ありません)

➂ 中古のマイファーストフォンを狙って本体も安くする方法

ここまでは毎月の料金プランを安くする方法でしたが、2万円を超えるマイファーストフォン本体も安くしたいと考える保護者の方も多いと思います。

そんな方に選択肢として「メルカリ等で中古品や新古品のマイファーストフォン本体を購入」⇒「➁で解説した格安SIMでnanoSIMを契約して本体に差して使う」という方法で更に安く使う事も可能です。

メルカリ、ヤフオク、Amazonでのマイファーストフォンの販売価格や注意点

マイファーストフォンシリーズの本体は、「メルカリ」や「Yahooオークション」「Amazon」「ラクマ(楽天フリマ)」「Yahoo!フリマ(旧PayPayフリマ)」など様々なプラットフォームで販売されています。

中古の端末を探すならメルカリやYahoo!オークション、Yahoo!フリマや楽天ラクマなどで出品を確認するのがおすすめ

2023年時点で中古や新古品のマイファーストフォンは「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ(旧PayPayフリマ)」「楽天ラクマ」で出品が確認できました。

メルカリで出品されている「my first fone」の新品&新古品&中古品の相場

マイファーストフォンは複数の機種があり、価格は2万円を超えていますが中古品や新古品なら1万円台で出品・落札されているケースが多く中古や新古品に抵抗のない方であれば、定価購入より1万円前後安く購入できるので選択肢としてはアリだと思います。

メルカリで「my first fone」を探す
Yahoo!オークションで「my first fone」を探す
Yahoo!フリマ(PayPayフリマ)で「my first fone」を探す
楽天ラクマで「my first fone」を探す

個人的には中古品はバッテリーの持ち等でトラブルのリスクもあるので、若干高くても「未開封品」や「未使用品」を落札するのが勧めです。

➃ 一部の家電量販店(ノジマ)でワイモバイル回線とセットで1円で購入可能

そして回線とセット購入であれば、家電量販店のノジマ(nojima)でマイファーストフォン本体が一括1円で販売されていました↓

ノジマでワイモバイル回線とセットでmyFirst Foneが一括1円で販売されている

ノジマでワイモバイル回線とセットでmyFirst Foneが一括1円で販売されている_2

こちらはワイモバイルを新規契約 or 他社(ソフトバンク回線可)からワイモバイルへの乗りかえ(MNP転入)のどちらでも、マイファーストフォンが一括1円でセット購入できるという内容になっています。

ワイモバイル公式オンラインストアなどでは実施しておらず、ノジマ限定のセット購入機種となっているようです。

前述の格安SIM運用などと比較するとワイモバイル運用は「シンプル2S」でも4GBで月額2,365円とそこそこの料金になってしまうものの、定価2万円超のマイファーストフォンが一括1円で購入できるという事でかなり”アリ”な選択肢と言えそうです。

➄ Rentio(レンティオ)で「myFirst Fone」が14泊15日で3,980円でお試しレンタル可

また「わざわざ2万円を超える機種を購入するよりも、月単位などでレンタルはできないの?」というニーズもあると思います。

詳しくは以下ページでも解説していますが、端末レンタルサービスの「Rentio(レンティオ)」では「MyFirst Fone R1」や「MyFirst Fone R1s」、ソニーの見守り端末「amue link(アミューリンク)」など複数の見守り機種をレンタルするサービスを提供しています。

あわせて読みたい
お試しや短期利用に!キッズ携帯やキッズスマホのレンタルという選択肢 \ 月額2,200円で簡単にレンタル可能♪ /Hamic MIELSのシェアプランを確認Hamic公式ストア 【意外と高いキッズ携帯…レンタルするという選択肢】 子供が自分で出歩くよう...

myFirst Foneのレンタルサービス

特に腕時計型の見守り端末「myFirst Fone R1」や「myFirst Fone R1s」は14泊15日の「お試しプラン」でレンタルすることができる他、お試しプラン後に購入したくなったら割引価格で購入できるなどかなり好条件です。

myFirstFoneR1とR1sが15日14泊でレンタル可能
myFirstFoneの「お試しプラン」は、証制度や1か月間の返金、お試し後の特別価格など条件が良い

お試しプランとは?
「うちにも本当に使える?」「価格が気になる」という声にお応えして、気軽にトライできる、お試しプランをご用意しました。
 
お試した後に、いつでも割引価格でご購入です!
 
・myFirst Fone R1の割引価格は13,980円(税込)
・myFirst Fone R1sの割引価格は17,800円(税込)
・myFirst Fone S3の割引価格は14,800円(税込)

「まずは14泊15日でお試しプランでレンタル ⇒ 様子見 ⇒ 問題なければ割引価格で購入」という良いとこ取りができるので、まずは公式ページで詳細を確認してみて下さい↓

\ 14泊15日で腕時計型見守り端末がお試し可能♪ /

少しでも役に立ったならシェア頂けると励みになります♪
このページに書いてある情報です♪↓