iphoneを学割で買うならどこが一番安い?6社の料金を徹底比較

iphoneを学割有りで買うならどこが一番安い?6社の料金を徹底比較
あかねママ
子供がiPhoneを買ってあげる時期が来たんだけど、iPhoneってこんなに高いのね💦

子供用にiPhoneって学割とかで安く買えないの?

みさき先生
iPhoneを取り扱っており、学割キャンペーンを実施している通信会社はドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル、ワイモバイル、UQモバイルの合計6社です。
みさき先生
では今回は、今回は学割を使ってどこまで安くiPhoneデビューできるかを比較してみました💡

\今年、中高生にiPhoneなら楽天が最安💡/
最安iPhone×楽天最強プラン+Pt還元で節約◎

↑まずは公式ページを見てみて下さい💡↑

このページに書いてある情報です♪↓

先に結論:iPhoneを最も安く購入できるのは楽天モバイル

この手の情報は条件が複雑になるので先に結論から述べると、iPhoneを学割込みで一番安く購入するならば『楽天モバイル』で2022年発売の廉価版モデル『iPhoneSE(第三世代)』を購入する組み合わせが最も安いです。

iphoneを学割で購入するのに最も安い組み合わせが楽天モバイルの「楽天最強プラン」を契約しiPhoneSE(第三世代)を購入するパターン

\ iphoneを最も安く買える楽天モバイル /

Apple以外で現在iPhoneの取扱いがあり、かつ学割キャンペーンを実施しているのが以下の6社ですが、「3年間の総支出」=「iPhone端末代」+「3年間のプラン料金」+「学割などの割引合計」で比較すると以下の順番に安くなります↓

【通信回線 + iPhone端末代 +学割 の総額が安い順】

通信会社 3年間の総額と内訳
楽天モバイル 3年間総額:139,208円


iPhoneSE(第三世代/64GB):62,800円
プラン「Rakuten最強プラン」:月額2,178円(2~20GB利用時)
割引「初めてお申込で2,000pt還元!」:2,000 Pt

ドコモ 3年間総額:157,598円


iPhoneSE(第三世代/64GB):73,370円
プラン「U15はじめスマホプラン(月10GB)」:月額2,860円
割引「U15ポイント特典」:1,000 dポイント/月×12か月

UQモバイル 3年間総額:167,580円


iPhoneSE(第三世代/64GB):65,435円
プラン「コミコミプラン(20GB+10分かけ放題)」:月額3,278円
割引「UQ親子応援割(2024年学割)」:-1,320円/月×12か月
特典「UQ親子応援割 U18特典」:データ容量送料10GB/月×12か月

ワイモバイル 3年間総額:172,948円


iPhoneSE(第三世代/64GB):55,440円
(オンラインストアでセット購入=割引)
プラン「シンプル2 M(月容量20GB)」:月額4,015円
割引「ワイモバ親子割(2024年学割)」:-1100円/月×13か月
割引「新どこでももらえる特典」:6,000 PayPay

au 3年間総額:177,840円


iPhoneSE(第三世代/64GB):70,935円
プラン「スマホスタートプラン5G(20GB)」:月額4,103円
割引「スマホスタート1年割」:-1,188円/月×12月
割引「スマホスタート応援割(2024年学割)」:-1,650円/月×12か月
割引「auPayお支払い割」:-187円/月

ソフトバンク 3年間総額:190,260円


iPhoneSE(第三世代/64GB):73,440円
プラン「スマホデビュープラン+(ベーシック)/20GB」:月額3,916円
割引「1年おトク割+」:-1,188円/月×12か月
割引「デビュー特典(2024年学割に相当)」:-1,650円/月×6か月

※全部税込表記です

上記の表は色々と情報量が多いので混乱するかもしれませんが、結論としてはシンプルで「iPhone本体 + 通信回線契約」のセットの場合、楽天モバイルが2位に3万円の差をつけて安いという事です。

「3年間合計」で比較してみるとよく分かると思いますが、正直大手3キャリアの「ドコモ」「au」「ソフトバンク」とそのサブブランド「UQモバイル」「ワイモバイル」は学割キャンペーン込でも料金の差がないのが分かりますね。

そして楽天モバイルが3年間合計では2位に2万円ほど差をつけて最安となっています。

あかねママ
でも楽天モバイルって学割キャンペーンやってないわよね?
それでも楽天モバイルの方が安いの?
みさき先生
楽天モバイルに学割キャンペーンは有りませんが、それでも学割キャンペーン込の他5社よりも安いという結果になりました💡

楽天モバイルが安い要因には「Rakuten最強プラン」が安すぎる事と、楽天モバイル公式が謳っている通り「iPhone定価が4キャリアの中で最安」な事が挙げられます

楽天モバイルは全通信キャリアで最安!iPhone4キャリア価格比較

機種選び:現在販売中のiPhone中で定価最安な『iPhoneSE(第三世代)』がお勧め!定価7万円台

子供に安くiPhoneを持たせる上で通信会社選びの次に重要なのが、”iPhoneモデル選び”です。

現在Appleと大手4キャリア+2ブランドで販売しているiPhoneモデルの中で最も定価が安いiPhoneSE(第三世代)が最もお勧めのiPhoneモデルです💡(以下はAPple定価)

【AppleのiPhoneモデルの価格表】
モデル64GB128GB256GB512GB1TB
iPhone15-124,800139,800169,800-
iPhone15 Plus-139,800154,800184,800-
iPhone15 Pro-159,800174,800204,800234,800
iPhone15 ProMAX--189,800219,800249,800
iPhone14-112,800127,800157,800-
iPhone14 Plus-124,800139,800169,800-
iPhone13-95,800110,800140,800-
iPhoneSE362,80069,80084,800--

公式:iPhone(Apple公式)

Apple定価を見てもiPhoneSE(第三世代)だけ圧倒的に定価が安いのが分かりますね。

iPhoneSE(第三世代)は2022年3月に発売された廉価版モデルのSE(スーパーエディション)シリーズで、本体定価は6~7万円台と他のiPhoneモデルに比べて半額近くまで安いので学生のスマホデビューには最もお勧めの機種です。(安価なので人気が高く既に在庫薄)

★iPhoneSE(第三世代)

また本体価格は安いですが、処理能力を司るCPU部分のチップはiPhone13シリーズと同じA15Bionicチップを搭載しているのでスペックは充分高く、ミニサイズのiPhone13といった感じです。

【iPhoneSE(第三世代)の特長】
  • 最新iPhoneの中でも特に安く購入できる(2022年3月発売モデル)
  • CPUはiPhone13シリーズと同じA15Bionicチップを搭載
  • ホームボタンがあり小型で持ち歩きやすい

iPhoneSE(第三世代)はApple公式以外にもドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルで購入する事ができます↓(端末だけでも回線とセット購入でも)

またiPhoneと言えばストレージ容量で端末価格が大きく変わりますが、基本的には最も安い最小ストレージの64GBで問題ないです。

と言うのも、最近ではiPhone本体のデータはiCloudに同期されますし、不要なデータはPCやHDDに移せば済む話ですし、劣化で価値が目減りする本体内蔵のストレージにお金を出すのもナンセンスでしょう。

学生に人気のiPhoneを学割で安く買える通信会社6社を徹底比較

最近では中学生の86.6%が高校生の97.3%が自分用のスマホ所持するなど学生のスマホ所有率が過去最高水準に。

特に学生にiPhoneの人気が高く、iPhone所有率はどの学年を見てもAndroidを抑えて過半数となっています↓

【中学生と高校生のiPhone所有率の比較表(男女別)】

学年/性別 iPhone所有率 Android所有率
中学生 男子 50.0% 43.8%
女子 73.7% 20.5%
高校生 男子 67.2% 31.4%
女子 84.9% 13.8%

情報源:メイン利用スマホのOS利用率 iPhoneが44.1%、Androidが51.5% (MMD研究所)

あわせて読みたい
高校生のスマホはiPhoneとAndroidどっち?お勧め機種やメリットデメリット また中学生の機種選びに関しては以下ページで人気機種を紹介しているので参考にしてみて下さい↓ 中学生のスマホ特集ページ↓ 中学生向けおすすめスマホ特集 最新の中学生...

あかねママ
やっぱり中高生はiPhone人気あるのね
みさき先生
中学生より高校生の方が、男子より女子の方がiPhoneの人気がありますね

そんなiPhoneを取り扱っている大手4キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル)と、サブブランド2社(ワイモバイル、UQモバイル)の学割情報と総支出額を比較すると、先述の表にあった通り、学割込みでiPhoneが安い通信会社の組み合わせは、楽天モバイルでiPhoneSE(第三世代)を購入するのが最も安いという結論になりました。

という事で、6社のiPhone購入時の料金プランや使える割引(学割やそれ以外も含めて)を順番に解説していきます↓

学割込で最安の組み合わせNo1:楽天モバイルでiPhoneSE3購入時の3年間総額:139、208円

学割込みでiPhoneを使うのに最も安い組み合わせが、「楽天モバイル」で「iPhoneSE(第三世代)」を購入し、「Rakuten最強プラン」を契約するパターンです。

3年間の総支出額と内訳は以下の通りです↓

【楽天モバイルでiPhoneSE3購入時の3年間の総支出と内訳】

iPhoneSE3(第三世代/64GB)端末代 62,800 円
料金プラン「Rakuuten最強プラン」 2,178 円/月
(3~20GB利用時)
特典「楽天モバイル初めてプラン申込特典」 2,000楽天ポイント
(3年間合計支出) 139、208円

\ まずはiPhoneSEの在庫の有無の確認を! /

No2.ドコモでiPhone購入時の3年間総額:157,598円

ドコモ_ロゴ透過400

次いで学割込みでiPhoneを使うのに安い組み合わせが、「ドコモ」で「iPhoneSE(第三世代)」を購入し、「U15はじめスマホプラン(月10GB)」を契約するパターンです。

3年間の総支出額と内訳は以下の通りです↓

【ドコモでiPhoneSE3購入時の3年間の総支出と内訳】

iPhoneSE3(第三世代/64GB)端末代 73,370 円
料金プラン「U15はじめスマホプラン(月10GB)」 2,860 円/月
特典「U15ポイント特典」 12,000 dポイント
割引「dカードお支払割」 -187円/月
(3年間合計支出) 157,598円

\ まずはiPhoneSEの在庫の有無の確認を! /

No3.UQモバイルでiPhone購入&2024年学割「UQ親子応援割」適用時の3年間総額:167,580円

ロゴ_au_透過

「UQモバイル」で「iPhoneSE(第三世代)」を購入し、「コミコミプラン」を契約&「UQ親子応援割U18」を契約するパターンの、3年間の総支出額と内訳は以下の通りです↓

【UQモバイルでiPhoneSE3購入時の3年間の総支出と内訳】

iPhoneSE3(第三世代/64GB)端末代 65,435 円
料金プラン「コミコミプラン(月20GB+10分かけ放題付)」 3,278 円/月
学割「UQ親子応援割」 1,320円割引×12か月
割引「UQオンラインショップ おトク割」 -11,000円(端末値引)
(3年間合計支出) 167,580円

\ まずはiPhoneSEの在庫の有無の確認を! /

No4.ワイモバイルでiPhone購入&2024年春の学割「ワイモバ親子割」適用時の総額:172,948円

Y!Mobille_logo_透過(ワイモバイルのロゴ)

「ワイモバイル」で「iPhoneSE(第三世代)」を購入し、「シンプル2M」を契約&「ワイモバ親子割」を契約するパターンの、3年間の総支出額と内訳は以下の通りです↓

【ワイモバイルでiPhoneSE3購入時の3年間の総支出と内訳】

iPhoneSE3(第三世代/64GB)端末代 73,440 円
料金プラン「シンプル2M(月20GB)」 4,015 円/月
学割「ワイモバ親子割」 1,100円割引×13か月
割引「オンラインショップ端末値引」 -18,000円(端末値引)
(3年間合計支出) 172,948円

\ まずはiPhoneSEの在庫の有無の確認を! /

No5.auでiPhone購入&2024年学割「スマホスタート応援割」適用時の3年間総額:177,840円

ソフトバンク_ロゴ透過_500

auで「iPhoneSE(第三世代)」を購入し、「スマホスタートプラン(22歳以下)」を契約&し、2024年春の学割に相当する「スマホスタート応援割」で割引時の3年間の総支出額と内訳は以下の通りです↓

【auでiPhoneSE3購入時の3年間の総支出と内訳】

iPhoneSE3(第三世代/64GB)端末代 70,935 円
料金プラン「スマホスタートプラン5G(20GB)」 4,103 円/月
学割「スマホスタート応援割」 1,650円割引×12か月
割引「スマホスタート1年割」 1,188円割引×12か月
割引「auPayお支払い割」 187円割引/月
割引「au Online Shop お得割」 -11,000円(端末値引)
(3年間合計支出) 177,840円

\ まずはiPhoneSEの在庫の有無の確認を! /

No6.SoftBankでiPhone購入&2024年春の学割「ソフトバンクデビュー割」適用時の総額:190,260円

UQモバイル_ロゴ_横長

Softbankで「iPhoneSE(第三世代)」を購入し、「スマホデビュープラン+(ベーシック)」を契約&し、2024年春の学割に相当する「ソフトバンクデビュー割」で割引時の3年間の総支出額と内訳は以下の通りです↓

【auでiPhoneSE3購入時の3年間の総支出と内訳】

iPhoneSE3(第三世代/64GB)端末代 73,440 円
料金プラン「スマホデビュープラン+(ベーシック)月20GB」 3,916 円/月
割引「1年おトク割+(12ヵ月間)」 1,188円割引×12か月
学割「デビュー特典(割引)」 1,650円割引×6か月
(3年間合計支出) 190,260円

\ まずはiPhoneSEの在庫の有無の確認を! /

大手4キャリアでiPhoneを安く買うために知っておくべき2つの選択肢

ちなみに最近ではiPhoneの本体価格が高騰していることもあって「端末返却プログラム」や「認定中古iPHone」なども登場しており、端末価格を抑えて購入できる選択肢が増えているのでここで紹介しておきましょう💡

本体購入ではなくiPhoneの2年レンタル『端末返却プログラム』

特にiPhoneを購入するのではなく「2~4年間レンタルする」というのが最近の主流で、ドコモ、au、Softbank、楽天モバイルでは以下のようなプログラムを提供しています↓

通信会社 端末返却プログラム名称/説明
ドコモ スマホおかえしプログラム
(36回分割で購入時に加入可能なプログラムで、12か月目以降に端末を返却すると残債が免除される)
au スマホトクするプログラム
(24回分割で購入時に加入可能なプログラムで、12か月目以降に端末を返却すると残債が免除される)
Softbank 新トクするサポート
(48回分割で購入時に加入可能なプログラムで、24か月目以降に端末を返却すると残債が免除される)
楽天モバイル 買い替え超トクプログラム
(48回分割で購入時に加入可能なプログラムで、25か月目以降に端末を返却すると残債が免除される)

通信会社によって分割回数と最短の返却期間が異なるものの、「1~2年のレンタルにすれば定価の半額程度の負担で済む」という設計になっています。(満額購入 or 半額レンタル)

10万円以上の最新iPhoneもこの端末返却プログラムでかなり控えめな価格で使うことが出来るので「2年くらいで機種変更する予定の人」に特に相性の良いプログラムです。

また最近では大手4キャリアでiPhoneだけ購入(通信回線は契約なし)という事も可能になっており、端末だけ購入する際にもこの「端末返却プログラム」は加入可能です。

ドコモ、au、Softbankの認定中古iPhone(リユース)という選択肢も

iPhoneをより安く購入する方法の2つ目は「リユース(中古)のiPhoneを購入する」というものです。

特にドコモ、au、Softbankでは先述の「端末返却プログラム」で回収されたiPhoneの中でも状態の良い端末を「認定中古iPhone」として販売しています。

auの認定中古iPhone
★au-Certified-iPhone(認定中古品)の特長

数世代古いモデルではありますが、日常使いには問題ないiPhoneが数万円くらいで購入でき返却の必要もないので、リユースに抵抗がないのであれば最も費用対効果の高い節約方法と言えます。

特に2022年7月の円安によるApple製品値上げ以降は国内でも中古iPhoneのニーズが高まっており、現在は中古iPhoneも品薄となっています。

【補足】iPhoneの販売元であるAppleでも学割「Apple Store for Education」がある⇒しかしiPhoneは対象外

Apple_ロゴ

またあまり知られていませんが、iPhone販売元のAppleでも学生向けの「pple Store for Education」という名称の学割キャンペーンを実施しています。

Appleの学割こと「AppleStore教育割引プログラム」
公式:学生特別価格(Apple公式サイト)

他の通信会社の学割とは少し毛色が異なり、学生だけでなく学業に携わる職業、学生の両親(PTA役員)なども利用できる制度となっています。

Apple Store for Educationと対象者
Apple Store for Educationでは、日本国内の以下対象の学生及び教職員の皆様に割引価格でご購入いただく事ができます。

・大学、高等専門学校、専門学校の学生
・上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
・大学受験予備校に在籍する学生
・小・中・高・大学・専門学校の教職員
・PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方
・大学、高等専門学校、専門学校の学生、それらの学校に進学が決まった生徒、大学受験予備校生は父母の代理購入

ただし、この「Apple Store for Education (学生特別価格)」の値引対象となっている製品は以下の通りで、iPhoneは学生特別価格の対象外製品となっています↓

【対象製品】
・Macの全モデル
・iPadの全モデル
・Apple製品のアクセサリ
※iPhoneは対象外

うーん、基本的にこの「Apple Store for Education (学生特別価格」は学業で使われることが前提の製品が対象のようですね。

【Apple唯一のセール】年始の「Apple 初売り」

上記のApple Store for Education以外ではAppleはほぼセールや割引を行うことがありませんが、唯一年始の「初売りセール」でだけ安く購入することが出来ます。

Appleの初売り時の公式ページのキャプチャ_1

2023年のApple初売りでは2023年1月1日~3日まで限定で、iPhone購入者に8,000円分のAppleギフト券が還元されたので、割引額でいうと結構美味しいですね。(Apple公式ページで実施)

参考:Appleストア公式

時期がかなり限られるものの、年始1~3日にAppleストアの初売りが狙えるなら安くiPhoneの端末だけ購入することが可能なので狙ってみていいでしょう。(それ以外は他で購入した方が合計金額で安いのでお勧めできないですが…)

\ 小中学生のスマホデビューにお勧めです♪ /
安さ&安全性重視の学生向けスマホ
『トーンモバイル』↓

月額1100円で使える学生向け格安スマホ「トーンモバイル」のバナー_2021年4月のTONEe21バージョン↑まずは公式ページを見てみて下さい💡↑
少しでも役に立ったならシェア頂けると励みになります♪
このページに書いてある情報です♪↓