Hamic POCKET(はみっくポケット)の評判は微妙?リアルな口コミと使ってみた本音

★Hamic POCKETの開封時の本体写真

主に小学校低学年向けのキッズスマホ(プレスマホ)として注目を集める『Hamic POCKET(はみっくポケット)』ですが、ネガティブな評判も結構ありますね。

Hamic POCKETはAndroidスマホではあるものの、通常のスマホとキッズ携帯の中間くらいの位置付けのキッズスマホ=一般的なスマホよりも機能が制限されていますからね。

今回はHamic POCKET(はみっくポケット)を検討中の方に購入前に絶対に知っておいてほしいメリット&デメリットを、実際に使っている人の口コミ・評判を元に解説していきます。

\ スマホだってステップアップは一歩ずつ💡/
子どものために作られたファーストスマホ🎵

HamicMIELSのバナー↑まずは公式ページを見てみて下さい💡↑

このページに書いてある情報です♪↓

6才~小学生向けの見守りキッズスマホ(プレスマホ)「Hamic POCKET(はみっくポケット)」って何?

スマホを使う子供の写真

ここ最近では「スマホの低年齢化」が叫ばれていますが、実際の統計結果を見ても小学生のスマホ所有率は年々右肩上がりに増えています↓

モバイル研究所の2022年11月実施の統計調査の結果_小学校低学年、高学年、中学生のスマホとキッズ携帯の所有率の推移

とは言え、特に学年が低いほど保護者としては「子どもにスマホは色々と心配」というのが本音ではないでしょうか。

そんな背景から最近では小、学校低学年の子供向けのキッズスマホ (プレスマホ)のニーズが増しており「一般向けスマホはまだ早いので、一部の機能だけが使えるキッズスマホを持たせる」という家庭が増えてきています。

特にキッズスマホ(子供向けに一部の機能だけが使えるスマホ)で有名なのが「Hamic(はみっく)シリーズ」だと思います。

HAMICのロゴ_背景ママペディア版
公式:Hamic公式サイト

Hamicでは「Hamic POCKET(はみっくポケット)」と「Hamic MIELS(はみっくミエルズ)」という2種類のキッズスマホ機種を販売しています↓ (2023年頭に上位機種の「Hamic MIELS(はみっくミエルズ)」が発売)

【Hamic(はみっく)で販売している製品・サービス一覧】

機種名:Hamic MIELS
(はみっくミエルス)
hamic MIELSの本体写真&カラーバリエーション
本体価格:29,700円(税込)+月額1,100円
製品ページ(Hamicオンラインストア)
機種名:Hamic POCKET
(はみっくポケット)
hamic POCKETの本体写真&カラーバリエーション
本体価格:12,100円(税込)+月額1,100円
製品ページ(Hamicオンラインストア)

特に「Hamic POCKET(はみっくポケット)」は比較的安価で人気が高いプレスマホです。

実際の特徴や使用感は以下のページでレビューしていますので参考にどうぞ↓

あわせて読みたい
Hamic POCKET(はみっくポケット)をレビュー🎵実際に使った正直な感想【忖度無し】 主に小学校低学年くらいのキッズ向けのプレスマホ『Hamic(はみっく)』シリーズですが、中でも人気の『Hamic POCKET(はみっくポケット)』を実際に使ってみたので、実...

Hamic POCKET(はみっくポケット)の良い評判&悪い評判

hamicPOCKETの本体写真_防犯ブザーのストラップが付いたスマホ

そんなHamic POCKET(はみっくポケット)の評判(良い評判&悪い評判)で特に多い声をリストアップしてみました↓

【Hmaic POCKETのネガティブな評判・口コミ】
電池の減りがはやい
Hamic POCKETの位置情報の精度が悪い&タイミングが遅い
Hamic POCKETは画面が小さいので操作しにくい
Hamic POCKETには電話番号がない=LINEが使えない
動画視聴は可だがゲームアプリは厳しい…軽いアプリは可能だけどスペックは低いのでカクカク


という事でHamic POCKETのそれぞれの評判について詳しく見ていくと共に、実際に使っている私なりの見解も併せて記していきます↓

Hamic POCKETの電池の減りが本当早い⇒Lで2倍の2,000mAhに増量されたが…

「Hamic POCKET」で最も多いと言っても過言ではないネガティブな評判が「バッテリー容量が少ない」「電池の持ちが悪い」でしょう。

特に過去にHamicストアで販売されていた「Hamic POCKET」はバッテリー容量が1,000 mAhとかなり少なく「何も使っていないのに1日半も持たない」という声もありました↓

電池の減りが本当早い
投稿者:タニさん 投稿日:2023-04-03
小学低学年で使用しています。
4ヶ月ほど使ってみて、予想以上に電池の減りが早いです。

家に置いたまま、何も使ってない状態でも1日半も持ちません。
使用してるとあっという間に減っていきます。もう少し持ってくれるといいのですが、残念です。

電話とメッセージしか使ってないですが、バッテリー以外は概ね満足です。

見た目もシンプルで、子供は使いやすいく気に入っているようです。

ただ、現在Hamicストアで販売されている「Hamic POCKET L」はバッテリー容量が2倍の2,000 mAhまで増量されています。

★Hamic POCKET LはHamic POCKETのバッテリー容量が2倍(2000mAh)に増量したモデル

ただ、自分も実際に「Hamic POCKET L」をレビューしていますが、それでもバッテリーの持ちはかなり気になりました。

朝の9時台でバッテリー残量が100%まで充電して持ち歩いてもらいましたが、夕方には57%まで減っていました↓(この日は持ち歩きだけで殆ど操作はしていない)

Hamicポケットのバッテリー残量の表示画面

特に保護者側のスマホには「Hamic POCKET L」のバッテリー残量が減るとプッシュ通知が届くのですが、かなりのスピードで減っているように感じます。

Hamic端末のバッテリー残量が減ると、保護者側のスマホのプッシュ通知に表示される

確認してみたところ、2倍に増量されたHamic POCKET L」の製品ページに以下のように「100%充電時のバッテリーの持ちの目安が1日半」と記載されていました。

※ご利用状況により差がありますが、満充電後の電池持ちは1.5日ほどが目安となります

結局毎晩充電しています。もっとバッテリー残量を増やした「Hamic POCKET XL」にリニューアルしてほしいところです。

Hamic POCKETの位置情報の精度が悪い&タイミングが遅い

Hamic POCKET=プレスマホ(キッズスマホ)という事で、主に小学校低学年くらいの子どもに持たせるスマホなので「GPS居場所検索機能」も使えます。

hamic×ottaの位置情報通知サービスでできる3種類の見守り機能

Hamic POCKETの「GPS居場所検索機能」は外部サービスの「otta(オッタ)」のサービスを使っているのですが、「GPS検索時の精度が低い」「ジオフェンス利用時の通知タイミングが遅い」など結構精度やタイミングに関するネガティブな口コミが多くありました。

位置情報はあまり精度がよくありません。
子どもが外出していても、ottaのアプリでは動かないまま、表示されている位置情報も数時間前ということがよくあります。かと思えば、先日は持ち出していないのに、何度も自宅付近にいるという通知が鳴りました。結局、Googleのfamily linkの方がよく拾ってくれるので、私はそちらを使っています。

それでも、子どもが自分から忘れずに持って行ってくれる(普通の防犯ブザーだと置きっぱなしは日常茶飯事)ので、満足しています。

位置情報はびっくりするくらい使えません…
ちゃんとバスに乗れたか、到着したかを確認したかったのですが、家もしくはバス停から何時間もまったく移動せず、何度更新ボタンを押してもだめです。
ottaのアプリがだめなのかと思い、Googleファミリーリンクでも確認しているのですが、同じくまったく移動せず。5,6時間後くらいにようやく正しい情報に更新されます。
アプリの問題ではなく、端末自体の精度が悪いのかな?と思ってますσ(^_^;)

それ以外の通話やメッセージのやりとりはまったく問題ありません。満足です。

実際にHamic公式ページも「GPSの精度」について以下のように改善中と記載しているほどです↓

※GPSの精度について: 本機能は開発、改善中の機能となります。併せてGoogleファミリーリンクの位置情報機能もご活用いただくと、より安心してご利用いただけます

とは言えこちらで「Hamic POCKET L」でGPS居場所検索を行った際には、大きなズレも特になくマップにちゃんと表示されていました。(数分ごとにottaアプリの行動履歴に表示されており、場所による問題なのかも)

★hamicでのGPSの精度は割とよかった

また、「Hamic POCKET」のデータプランは月容量1GBしかないので、もしかしたら1GBを使いきった通信制限の状態で精度が下がったという可能性もあります。

Hamic POCKETは画面が小さいので操作しにくい

こちらは実際にHamic POCKETをレビューしたときの最初の感想でもありますが、画面サイズは一般のスマホに比べてもかなり小さいです。

iPhoneSE3とhamicポケットの本体&画面サイズの比較

あわせて読みたい
Hamic POCKET(はみっくポケット)をレビュー🎵実際に使った正直な感想【忖度無し】 主に小学校低学年くらいのキッズ向けのプレスマホ『Hamic(はみっく)』シリーズですが、中でも人気の『Hamic POCKET(はみっくポケット)』を実際に使ってみたので、実...

少し困ったのがディスプレイが小さい=文字入力する際のキーボード画面でボタン間の距離が近すぎて打ち間違いが頻発することです。

確認してみると「Hamic POCKET」のディスプレイサイズは3.0インチとなっており、初期設定を行う保護者の指の大きさだと文字入力は慣れるまで結構手間取りました。

また画面が小さい=文字も小さいので、子供がHamic端末操作中に画面と近いのも気になりました。(画面と近い⇒視力低下的な意味で)

とは言え最初の2つの評判に比べれば慣れで何とかなる部分ではあるので、そこまで問題にはならないかもしれませんが。

Hamic POCKETには電話番号がない=LINEが使えない

またHamicの回線契約では、Hamicの唯一の料金プランである「ベーシックプラン」は月容量1GBで月額1,100円のデータ通信のみのプランです。

★Hamicポケットの契約プラン「ベーシックプラン」はデータのみの料金プラン

なので、090や080から始まる携帯電話番号は付与されておらず、通話は「Hamicアプリ」内からの無料通話(か他の通話アプリ)のみで行います。

子どもが使う端末なのでそもそも携帯電話番号なくても困ることは少ないですが、「LINEが使えない」という問題があります。

「Hamic POCKET」はAndroidなので、標準搭載されている「Google Play」からLINEアプリ自体はインストール&起動は可能なのですが、LINEの初回認証用の携帯電話番号がないので、アカウントを作ることができません。

hamicポケットでLINEにログイン

ただ、Hamic側としては「フィルタリングが効かず様々な情報に子供が触れてしまう」「知らない相手とコンタクトできてしまう」など安全なサービスとは言い難いLINEよりも、登録した相手とだけLINEのようにメッセージのやり取りができる専用の「Hamicアプリ」を使う事を推奨しています。

もしLINEを使いたいのであれば、「Hamic POCKET」ではない携帯電話番号も同時に契約できる通信会社をお勧めします。

ちなみに「認証用の電話番号を他に準備すればいいじゃん」と言って家の電話番号をしてしまうと後悔するのでご注意を。

動画視聴は可だがゲームアプリは厳しい…軽いアプリは可能だけどスペックは低いのでカクカク

またキッズスマホで子どもがゲームアプリ等で遊びたいという事もあると思います。

実際にHamic PCOKETにいくつかのゲームアプリをインストールしてプレイしてみましたが、スマホのスペックが足りずカクカクなのと、画面が小さすぎてタップ操作がかなり厳しくてゲームには向きません。

hamicポケットでゲームアプリ(すみっコぐらしのパズルゲーム)のプレイ画面

スマホへの負荷の低いシンプルなパズルゲームでも結構遊ぶのは厳しいな。というのが感想です。

また、先述の通りHamic POCKETはただでさえバッテリーの持ちが厳しい端末なので、ゲームアプリ起動時はバッテリーの消耗はかなり大きいです。

またプレイ中にデータ通信を行うゲーム・アプリの場合、Hamic POCKETが月容量1GBのデータプランなので直ぐに通信制限になってしまいます。

もしどうしてもHamic POCKETでゲーム・アプリを遊びたいのであれば、自宅でWiFi&充電できる環境で行うしかないです。そもそもゲームで遊ぶ想定のスペックではないので、ゲームも遊ぶ前提であれば他のスマホを検討することを強く推奨します。

\ 小中学生のスマホデビューにお勧めです♪ /
安さ&安全性重視の学生向けスマホ
『トーンモバイル』↓

月額1100円で使える学生向け格安スマホ「トーンモバイル」のバナー_2021年4月のTONEe21バージョン↑まずは公式ページを見てみて下さい💡↑
少しでも役に立ったならシェア頂けると励みになります♪
このページに書いてある情報です♪↓